あけましておめでとうございます。
2009年の始まりですね。皆様いかがお過ごしでしょうか?

昨年同様、美味しい珈琲をただひたすらまっすぐまじめにつくっていこうと思っております。
一粒の珈琲豆は一杯の珈琲となり、一人のお客様に飲んでいただく。
一つのその明白な事実をずっと継続的に大事にしていくこと。
珈琲Chibaが見据えている未来は、単純にそれだけのように思います。

今年もよろしくお願いいたします。

珈琲Chiba
Img20090105224743
Img1b20090105224743
大分県日田市にあるカフェ桜蕊(さくらしべ)さんを訪れました。珈琲Chibaをとても信頼してくださり、珈琲全般、任せていただいています。
ケーキと珈琲をいただきながら、
桜蕊さんオーナーご夫妻とお話をしながら、
強く思うことがあった。

見て分かる。口に入れると、わかる。
食べ物は作る人の心を映し出すとは本当だなと。
都合が合わず食事はできませんでしたが、ケーキが優しい。

珈琲Chibaの珈琲豆も店主の心を映し出しているでしょうか。

年始早々、Vネックのセーターなのに丸襟セーターになったまま半日過ごした。
後ろ前に着ていたから丸襟になっていたわけ。
どうして基本的ミスに気付かないのかしら。
家にいるからといって、気を抜きすぎているのよね、きっと。
気の抜き方もほどほどにしたいものです。

カフェ桜蕊さん、リンクのページに追記しております。→ (Click!) 
Img20090113182650
ご要望をいただいたときには、珈琲豆200gまで普通郵便で発送しています。それ以上については、宅配便等にてお受けしているのですが、今日は普通郵便の発送の手配を。
私は切手がとても好きです。いわゆる収集の趣味ではなく、使用するほうが好きです。なので、この普通郵便でのご注文をお受けしたときは、張り切って切手をぺたぺた貼っております。

ご注文くださった方にはご迷惑おかけしないよう、自己満足の域に留めていますのでどうぞお気遣いなく。

発送は、お客様の顔が見えないものかと思っていました。
でも、はっきりと見えるものですね。もちろん、面識があるのかないのか、どんな方なのか、お客様自身がおっしゃらない限りこちらからいろいろとお伺いしないようにしていますが、顔が見えない分、気持ちの糸が通るのが見えるんです。

顔が見えなくても、この糸が見えれば十分、そう思っています。
寒いものは寒いのです。落ち着いて考えてみたのですが、やっぱり寒いです。
皆様いかがお過ごしですか?

私 「あんまり寒いから、‘気になる記’を書く気がしないのよ。」
店主 「気になる記は家で書いてるから寒くないんじゃないの?」
私 「・・・・。」

都合が悪くなったら自分から話を終らせることにしています。

スーパーで、店主の後ろをいそいそとぷらぷらと歩いていたら、トイレまでついていってしまった。男子トイレに足を踏み入れてしまい、あわてて外にでる。
夫の3歩後ろを歩く、かいがいしい妻にはなれないようだ。

寒さにより、日常に若干支障が出ております。皆さんも気をつけてください。

もうすぐあれの季節ですね。2月ですもの。食べなきゃね。昨年も一昨年も楽しみました。あれの季節です。バレンタイン。
Img20090118072622
Img1b20090118072622
「俺のペット」
と、店主に紹介されました。

きれいな色のメジロです。メジロはその名の通り目が白い。とってもちっちゃい。すずめよりちっちゃいです。

店主いわく、2,3日前から珈琲Chibaの裏側の木に数匹やってくるとのこと。木の枝にいる虫を食べているのかな。お客様も窓越しから見えるので、タイミングがよければ会えるかもしれませんよ~。

しかし、ペットというには超放し飼い。メジロの気分次第だし、メジロは飼い主店主の存在すらきっと知らない。

店主がペットと言っているので、そういうことにしておこうと思います。
Img20090120234740
1/24(土)~2/20(金)まで
昨年に引き続き、チョコレートと一緒に飲んで欲しい期間限定オリジナルブレンド‘チョコト’を販売予定です。

今日はポップを作成。四隅の珈琲豆はんこ、重なり合ってハートに見えるかな?と思って押しているのですが、前もって言わなければきっと分からないだろうと店主に言われたので、仕方がないので先に言っておこうと思います。
自宅に火災警報器が設置されました。法律うんぬんで設置の義務があるそう。煙に反応して火災を知らせてくれるもので、説明書を見ると・・・。

その名もケムケム。

名前がケムケムだと分かると急に愛着が湧いてきました。
その日から店主と私の会話にたまにケムケムが登場します。

会話その1
店主 「ケムケムをしゃべらせてみたい」
私 「それは火災のときしか無理よ。だから絶対無理よ。」

会話その2
閉店後、帰宅した店主 「ケムケム元気?」
私 「うん、元気そうよ」

会話その3
店主 「ケムケムっていう新しい友達ができた」
私 「へ~、よかったね」

ケムケムは意外と気になる存在です。
Img20090129222612
Img1b20090129222612
Img1c20090129222612
空色ノート14号入荷しました。
寒い冬を素直に寒いと感じながら読みたい14号です。

今年の干支。牛さんのおきあがりこぼし。
皆さんお忘れかもしれないですけど、珈琲Chibaには雪だるマンというアイドルもいます。ちいさなまめ屋のちいさな息づかい。

焙煎中の珈琲の香りに誘われて、ときどきふらりとお店に入ってこられるお客様がいらっしゃいます。でも、珈琲Chibaは豆の挽き売りをしていません。コーヒーミルをお持ちでない方には販売することができないので、そのままお帰りいただくことも少なくありません。

でも、どうして挽き売りをしていないか、その理由だけは丁寧にご説明してご理解いただいたうえでお帰りいただいています。
店の中核となるこの‘豆のままのみの販売’という方針。
この方針に限っては、珈琲Chibaはパイオニアだと自負しています。

年賀状のお年玉くじで切手シートが3つ当たりました。言わなくてもいいことですが、言いたかったのです。